会社概要 


会社名称      南海造園土木株式会社

代表者       代表取締役  辻  正信

本社所在地    〒591-8025 大阪府堺市北区長曽根130番地23 堺市商工会議所会館 4F

高石営業所    〒591-8025 大阪府高石市東羽衣3丁目8番地 4号


会社沿革     大正11年 5月 大阪府泉北郡高石町羽衣51番地で、辻三郎が造園業 植三 を開業する。

           昭和24年 10月 南海造園土木株式会社 に組織変更。資本金20万円 代表取締役 辻  三 郎

           昭和42年 5月 代表取締役 辻  正俊 が就任。

           平成 7年  8月 代表取締役 辻  正信 が就任。現在に至る。            


資本金          28,000,000

売上高         131,330,000 (第63期決算期)

従業員         9名  (男性 3名 女性 6名 ) 
                  1級造園施工管理技士 6名 2級造園施工管理技士 3名

建設業許可   許可年月日   平成22年 9月22日    許可番号  大阪府知事(般ー22)第13489号    
          許可業種   土木、とび土工、石、造園


お取引先    大阪府、堺市、㈶大阪府公園協会

取引銀行    近畿大阪銀行 羽衣支店   三菱UFJ銀行 羽衣支店   ゆうちょ銀行 浜寺支店

所属団体    ㈶日本造園建設業協会



                                          






 代表者の経歴 


氏   名   代表取締役  辻  正 信             生年月日   昭和27年 9月26日 生まれ

最終学歴   昭和51年3月  神戸大学農学部生産工学科 土木コース

職歴      昭和51年4月  南海造園土木株式会社 入社
         平成 7年 8月   同社 代表取締役 就任 現在に至る
          平成16年4月  兵庫県立淡路景観園芸学校 講師を兼務 (22年3月退任)

賞   罰      なし

代表者からのご挨拶

 平素から多くの皆様にお世話になりましてありがとうございます。
 弊社は、大正11年、私の祖父が京都から羽衣(現高石市)へやってきて、植木屋を開業したのが始まりです。爾来、多くの皆様のお世話になりながら、昭和25年に南海造園土木株式会社を設立させていただき、現在に至っております。
 植木屋の長男に生まれた私は物心ついた時から植木屋の店先や畑の中で成長し、祖父、父を通じて植木屋、造園業というものを見てまいりました。学業を終えてすぐに家業に入りました。 そんな訳で、造園技術者としての経歴は40年ですが、《植木屋》歴はほぼ60年と自負しています。今ではそんなことはほとんどなくなってしまいましたが、お客様の庭の中で、植物や石などにとどまらず、一切のことをするのが《植木屋》の仕事であった考えています。
 昭和40年ごろから、大阪でも高度成長の時代の中で、沿岸部の埋立て、臨海コンビナートが建設されました。内陸部では千里と泉北のニュータウンが建設され、大規模な都市公園・児童公園が次々に建設されました。 このような社会環境の中で 《植木屋》がいつの間にか《造園建設業》と呼ばれるものに変化してしまいました。施工管理が主な職務となってしまい、《植木屋》の仕事というのがだんだんと脇に追いやられてしまったように思われます。
 1980年頃からは、市場規模が拡大するにつれて、造園業者の数が爆発的に増加し、やがて構造不況の状態となってしまいました。その結果として差別化を図るため、技術力の向上や技術者の育成ということが叫ばれるようになりました。 
 しかし、管理部門に限ってですが、指定管理者という制度が取り入れられるケースが増えてきました。当社でも以前のような大規模な造園工事というものは皆無になり、指定管理者としての業務が主体となっています。この指定管理者の業務というのが、昔の《植木屋》の仕事と重なるのではないかと思います。もちろん、多様なお客様を相手にし、技術的にも比較にならないほど進歩していますが、本質というようなものは変わらないのではないかと思います。
 現在当社が受託している施設でも、《絶滅危惧種の保全》や《生態系の攪乱》、化学農薬の規制《I.P.M.》などといった先端手法が当たり前に言われ、コンピューターやグラフィックス、G.P.S.などを使いこなさなければいけません。 しかし、これらのことと併せて、《植木屋》の技能と心ばえを併せ持たなければよい管理者たり得ないのではないでしょうか。 当社ではより良い現代の《植木屋》を目指していきたいと考えています。